原書選びの失敗談

先日読み終えた《藏海花》は、原書を読み始めてから初めて失敗!と思った本でした。
内山書店でベストセラーのキャッチフレーズに惹かれて手にとったところ、始めの数ページを引き込まれるように読めたので、「これだ!」と思って買った本でした。
早速その日のうちに数十ページ読んだところ、おかしなことにひっかかりました。
登場人物が突然、前触れなく出てくるのです。まるで読者にとっても既知の人物のように。こんなに読みやすい書き手なのに、登場人物の登場の仕方が唐突だなぁと思って読み進めたところ、それでは説明がつかない場面が次々と出てきました。
もしかして…と思って百度で調べたら、シリーズモノの後続版でした。道理でおかしいわけです。
内山書店のスタッフは当然前シリーズの続きものとは知らないでしょうから、あのようなPOPを書いたのでしょう…。
この時点で3、40ページ読んでいて、前のシリーズを(10冊)読んでから再度読もうかと思いましたが、背景はわからないなりに続きは気になる面白いストーリーではあるので、そのまま最後まで読み進めました。
しかし、正直なところ何が何だかわからなかったです。
この手のシリーズものでは以前、《藏地密码》に手を出して3冊まで読んだことがありました。この作品に比べれば、今回の作品の書き手はずっと読みやすいので、前シリーズは間違いなく楽しめるだろうと思いました。
ただ、シリーズものは追いついていけなくなると、どんどんわからなくなるので、前シリーズに手を出すのはまだ考え中です。結構勇気がいります。間をあけると忘れてしまうだけに、10冊読む間、他のジャンルのものが読めなくなりますし…。
いずれにせよ、今後、盗掘小説に手を出す時は注意が必要なことがわかりました。せっかく内山書店で原価よりも高い価格で買っただけに、今回の失敗は痛い教訓となりました。
みなさんもご注意を〜

この記事にコメントする

必須

2件のコメントがあります

  1. 南派三叔《藏海花》の読了お疲れ様でした。
    私は推理小説を読んでいて、最後まで「落ち」が解らなかったことがあります。(誰が一体犯人?なぜ?)それ以降はペーパー・バックスを読むときは、人物名には丸印をつけて、誰と誰がどのような関係かまず理解し、最低限、後でリファレンスできるようにしています。
    十冊本といえば、私の読書予定リストに姚学垠の歴史小説《李自成》が入っていますが、現世ではこの夢は叶わなそうです。(^-^;)

  2. Ayumi

    ねずみのチュー太郎さん
    コメントありがとうございます。
    私も一般の小説でも人物名に赤ペンで印をつけて、あとで誰であるか確認できるようにしています!一般の小説でもそうしているので、今回も印をつけましたが、同じ人物に3つの呼称があるとわかった時は使い分けが理解できず苦しみました(^^;)
    歴史小説も長いですね~。
    最近は原書を読むスピードが減退してしまっています。
    今月は何冊か読みたいと思っています^^