ネットで大評判なのに、読むのが苦痛な本…

これまでこういう本に出会うことがなかったのですが、やはり合う合わないはあるもの。とうとう遭遇してしまいました。
阎连科 《炸裂志》を読んでいます。
この作家は今年早稲田大学の講演のため来日していました。私も話を聞きにいきました。
著名な作家らしく、さすがに外れはないだろう、内山書店でもお勧めされていたし(これも内山書店で買いました)…と期待いっぱいで読むこと読むこと、全然入り込めません!(>_<)(>_<) 終盤にさしかかった今は、あと何ページあるか確認しながら読む始末です。外れだったという思いから、わからない単語を丹念に調べる勉強道具とみなしていたのですが、それよりも早く読み終えたい!という気持ちが爆発しそうです。 しかし中国Amazonのレビューは高評価ばかり。 私が合わないと思ったのは、設定があまりにデタラメなためです。例えば、前村長は村人に次々と痰をかけられ死んだ…や、鎮長の任命書を枯れた花にかざしたらたちまち部屋中の花が満開になった…や、大型駅が一夜にして完成し…や、オモチャの庭が現実となり辺り一面に広がり…などなど、滑稽かつデタラメな場面設定を背景にストーリーが進むので、気持ちの投入ができないのです。 裏で伝えているメッセージは深いものがあるのですが、こういったストーリーの描き方は私にはだめなようでした。 あと80ページほど。 ここまで読んだら最後まで読みます。今までライト過ぎて好きになれない作品はありましたが、この作品はそのレベルには留まりません。最後まで読んで良かった!と思えればいいのですが…。

この記事にコメントする

必須

2件のコメントがあります

  1. こんにちは。
    そういうことって、ごく当然に起こりうると思います。先日もかなり評判になっている小説を読んだのですが、途中で読むのをやめてしまいました。
    とりわけ Amazon のレビューは
    「その本をお金を出して買って読もう」
    と思った人の発言でしょうから、星がたくさんになりがちなのかなあ、と思います。他の人が絶賛しても自分に合わない本だってこの世にはたくさんありますよね、きっと。

  2. Ayumi

    Shiraさん、こんばんは!
    コメントを拝見してほっとしました。
    Shiraさんも最近同じ体験をされていたのですね。
    今読んでいる本はネットで酷評を受けているに違いない…と半ば期待して評判をチェックしたら、高評価ばかりで、え〜!?でした。きっと私には合わない本だったのでしょうね(>_<) Amazonのコメントが星数が多くなる傾向があるのもうなずけます。 中国語の本を国内で購入すると価格が高いので、外れだったと時のショックは大きいですね〜。こんな個人的感情があいまって、今回のがっかり感は大きかったです。