挫折した原書に再挑戦

三毛全集を持っています。全部で11冊あります。
うち6冊は読みましたが、7冊目で難しさに挫折してから、読んでいませんでした。

私は次に読む原書を選ぶ時、本棚の積読本(50冊ほどあります)を手に取った時のフィーリングで決めています。「次はあの本を読もう」と決めていても、手に取ってその気にならない場合は、本棚から別の本を選びます。

「送你一匹马」は前回途中まで読んで、言いたいことがわからないエッセイがいくつかあって読むのをやめてしまいました。今回、小説を読む気になれず、文学色のやや濃いものを読みたくなったので、再度読んでみることにしました。果たして読了することができるでしょうか?

IMG_4039

IMG_4038

長い習慣で、原書を読むときは時間と場所をメモします。
つまり2年ぶりの再挑戦です。
昨日は数か月ぶりのカフェタイムで、エッセイを2つ読めました。
幸先の良いスタートです。

最初のコメントをしよう

必須