中国語筋トレの方針変更&300回聞くということ

下記テキストを著者が提示された方法で進めるつもりでしたが、やめました。

中国語筋トレ100読練習法
木本 一彰
東方書店
2015-08



著者は音読・シャドーイングを1セットとし、前半の50セットはピンインで、後半の50セットは漢字を見てやるとしています。

取り掛かる前に若干の懸念がありましたが、シャドーイングをやってみて、各課で早々にシャドーイングに取り組むことは、正しい発音で口の筋肉を鍛える上で私にとっては害が大きい気がしてきたため、下記のやり方で進めることにしました。(害が大きいというのは、私に限っての話です)。

①ピンインを見ながら音声を注意深く聞く。q,zh,ch,sh,c,zなどの音の出し方を特に意識して聞く。
②音読する
③①・②を数セット繰り返した後に、音読を録音する。テキストから目を離して録音を聞き、音だけで意味がわかるか確認する。

100回のうち、最初の数十回は上記のやり方でやることにします。シャドーイングは、耳で聞きながら口を動かす際に、それぞれの音が正しく発音できるか、また、音読の際と同じ力強さで子音を出せているかを確認するために時折やるに留めることにします。つまり、負荷がかかっている状態でも、音読のように100%意識を集中できる状態と同じ発音で発声できているかの確認のために行います。

上記の方法で行うと、本で示されている方法よりも倍の時間がかかるのですが、必要なプロセスと信じ、着実に進めていくことにします。

さらに、日中の散歩中には、なるべく練習中の課の音声を繰り返し聞くことにします。理想は300回なのですが、現在は全てのながら時間に音声を聞くことは難しいため、散歩中にできる範囲で良しとします。

この300回聞くというのは、発音矯正で大変お世話になった田先生がおっしゃっていました。
「デンさんの広東語相談室」
テープ300回の聞き方

全部を読んでいただくのをおすすめしますが、いくつかポイントを列記します。

ーテープの内容については最初に理解しておく必要がある。語彙、文法、発音については、先ず理解しておくこと。
ー何か別のことをやっているときに、同時にテープを聞くことでOK。
ー発音を、これは第何声だとか、これは有気音だとか、理屈で頭に入れておいてから聞く。
ー何回も聞いて頭に染み込んでいれば、その頭の中の音に引っ張られて口が自然に動く。ただし、前提として、語彙、文法、発音についてはまず理解すること。

すがる想いで学院に電話をかけて、発音矯正のレッスンのお願いしたのは2010年。
貯金を使い果たして途中で通えなくなりましたが、田先生がいなかったら私は中国語を諦めていたと思います。発音は今でも問題だらけで苦悩していますが、当時はそれはそれはひどかったので・・・。
経済的に余裕のある方でしたら、国外・国内問わず、飛行機で通学されることをお勧めします!
ウィズダム広東語学院
広東語とありますが、北京語の発音矯正も受けられます。

過去記事:発音矯正ならウィズダム広東語学院

この記事にコメントする

必須

8件のコメントがあります

  1. あゆ

    返信ありがとうございます
    (と次の記事に書いてすいません)
    こういう訳だったんですね。
    カスタマイズ、大切ですよね。
    私はとりあえず著者の書いてる通りにしばらくがんばってみます!
    でもAyumiさんが書かれているように聞き込むことも必要だなと思うので、時間のある時はもう音読の終わっている課で、発音に集中して繰り返し聞いてみたいと思います。
    quとchiなんて全然違うものもさっと過ぎてく音声の中では聞き取れてなかくて、音声と違う口の形になっていることもしばしばなので(汗)
    読むだけでなく、暗記(だいたい100回読めば暗記してしまっているけど…)もちゃんとしていくべきかも悩むところですが。
    また進捗状況、報告させてくださいね〜!
    チュー太郎さんの勉強会も興味があるんですが、関東なんですよね?
    私は関西なので、残念です。
    有一天さんの読書会に参加したかったのですが、もう定員になっていて、こちらも残念です。
    またあれば参加してみようと思います!
    上海に住んでいた時はよく本を読んでたんですが、最近全く読んでいないので、また再開したいなぁとも思っていて。

  2. この本の著者は、学習者の発音や声調が既に出来上がっていて、全然問題が無いことを前提条件に書いていますが、結構ハードル高いですよね。
    本当は前の段階の説明(発音のトレーニング)があればもっといいのですが、そうすれば別の本一冊が出来てしまいそう。
    私は現在関東在住です。時々関西にも帰っています。

  3. Ayumi

    あゆさん
    引き続きお互い筋トレがんばりましょう^^
    進捗報告またお待ちしております♪
    私もブログでちょこちょこ書きますね。
    あゆさんは関西なんですね(^^)
    次回の関西原書会に参加できるといいですね!
    関東へいらっしゃることがありましたら、関東原書会へもぜひいらしてくださいね(^^)来年1月か2月に開催しようと思っています。

  4. Ayumi

    ねずみのチュー太郎さん
    私もまったく同じことを感じました。
    全然問題ないことを前提としているので、そこに気が付かないで練習してしまうと、かえっておかしな癖がついてしまう可能性がありますね。この点だけ本書を使う上で要注意だと思いました。

  5. あゆ

    ありがとうございます。
    原書会、またの機会にぜひ参加しますね!
    関東にも行けたら行きたいです。
    Ayumiさんとチュー太郎さんがおっしゃってるように、この本は最初からすぐ正しい発音でついていける人が前提ですね…私の発音も怪しいかも…ちょっと録音して確認しようと思います。

  6. かとー

    私はエビ先生の中国語音読会というのに参加してます。
    一ヶ月に3回ほど課題文が配信され各自録音したものをネット上にアップロードします。会費は月1000円と安いですが、みんなに聞かれると思う分上手く朗読したいから自然と何回も何回も繰り返し練習して何回も何回も録音し直してます。結構な負担になりますがなかなか面白いですよ^ ^
    よければ一度覗いてみて下さい^_^

  7. Ayumi

    あゆさん
    関東にいらっしゃる際にお会いできるといいですね!
    録音おすすめです(^^)
    私はすごい録音魔で毎日何かしら(音読だったり逐次練習だったり)録音して確認しています。

  8. Ayumi

    かとーさん
    情報ありがとうございます!
    実は以前参加したことがあります(^^)継続できませんでしたが・・・(笑)
    また、私はどうしても自分の発音に不安があるため、テキストに付属されているようなお手本となる音声が必要なようです。でも、エビ先生の中国語音読会は音読を習慣化させるのにとても良いですよね。ほかの方の録音をきくのも励みになりました。