現地の書店情報に飢えているあなたへ送る第1回・中国現地書店レポート【北京編】三連韬奮書店 その1

王府井書店の次に向かったのは三連韬奮書店。

王府井大街を北へ真っ直ぐ行ったところにあります。三連韬奮書店は北京市内に複数あり、事前にネットで調べて評判が良かったのが、この美術館そばの三連韬奮書店でした。地下鉄では王府井から2駅で、駅から徒歩5分程。書店目の前にはバス停があり、複数のバスが止まります。ホテルの位置にもよりますが、行き来はバスの方が便利です(と事後に気づきました)。

2フロアの書店ですが、文学、伝記、ルポタージュ、ビジネス書が好きな人にとって静かに読書に没頭できる場所です。

 

読書愛好家に嬉しい24時間書店

写真からおわかりの通り、この書店は24時間営業です。

IMG_8812

“读・一夜”っていい響きですね。

IMG_8814

入店すると右手の壁には週間ベストセラーが貼られていました。
三連韬奮書店には同書店の本も販売されていて、ベストセラーは各出版社のものと三連書店のものとがあります。写真は6/6~6/12の週間ベストセラーです。

各出版社のベストセラー
東野圭吾が2作品入っていますね。気になる钱钟书《围城》も。

IMG_8795

三連書店のベストセラー
こちらには三島由紀夫の作品がありますね。

IMG_8796

ベストセラーが並ぶ書棚

IMG_8797

IMG_8794

ランキング上位に並ぶ杨绛女史は初めて知る作家です。どうやら現在フェアを行っているようでした。

IMG_8793

なぜフェアを行っているのか?後で調べてわかりました。この方は2016年5月25日に亡くなられた作家でした。夫は钱钟书。英語、スペイン語、フランス語が堪能で、翻訳もされていたようです。ランキング上位にある《我们三》は93歳の時に出版された散文・随筆集のようです。この方を偲ぶためのフェアだったのですね。
 

三連書店の見どころは地下1階

事前調べで1階よりも見どころは地下1階という情報を入手していたので、入店後、真っ直ぐ地下1階へと向かいます。

中国書店でおなじみの光景ですね。座り込んで読書に読みふける人は王府井書店よりも多いのに、店内はとても静かでした。

IMG_8792

地下1階にも杨绛女史のコーナーがありました。

IMG_8713

IMG_8787

店内の様子。1階よりも広いです。写真では見えませんが、奥の方にも書棚がたくさんあります。

IMG_8715

IMG_8767

訪れたのは夕方5時頃でした。王府井書店よりも狭いですが人の入りは多い印象を受けました。

読者の残したメッセージがこんなにあります。
電子書籍がどんなに普及しても、書店は文化として生き続けるのだという嬉しいメッセージを受け取りました。

IMG_8788

IMG_8789

IMG_8790

《穆斯林的葬礼》の韩新月、韩子奇も登場しています。2人を知っていることが嬉しかったなあ。

IMG_8791

つづく

この記事にコメントする

必須

2件のコメントがあります

  1. たくさんの情報ありがとうございました。
    ”韬奋”って新聞記者兼出版人の”邹韬奋”のことですね。
    1990年代朱镕基さんが首相として三角債に大ナタを振るっていた時、副首相を担当していた邹家华さんは息子さんだったので記憶しています。
    王府井書店と比べると、この書店は万人向けという訳でなく、知識分子向けのように感じました。
    杨绛さんが天寿を全うされたのはTwitterで情報が流れていたので知っていたのですが、あまりに辛くてコメントできませんでした。
    今度“走道人生边上”を読んでみたいと思っています。

  2. Ayumi

    ねずみのチュー太郎さん
    そうなのですか。私は全然存じませんでした(^^;)
    さすがチュー太郎さんです。
    教えてくださってありがとうございます(^^)
    チュー太郎さんのおっしゃる通り、この書店は知識分子向けと表現するのがぴったりですね!王府井書店は確かに万人向けですね。私は知らない作家が多かったり、その方の背景を知らないことが多いので、王府井書店の方が本の選択肢が広がると思いました。
    また色々教えて下さいね。いつもありがとうございます。