それでは国内の中国語書店はどうなの? -東方書店-

現地書店を見てきたら、今度は国内書店の動向や展開が気になったので、神保町へ行っていきました。

目的地は内山書店と東方書店。

これまでこれらの書店には何度も足を運んでいましたが、
現地書店を見てきたばかりだったので、これまでとは別の視点で眺められました。

ではまず東方書店です。
訪れたのは中国の現地調査から5日後の6月24日です。

IMG_8876

知る人ぞ知る、神保町のすずらん通りにあります。

訪問の趣旨を伝えたら、写真を撮ることを快諾してくれました。
もう「どうぞ、どうぞ!ぜひぜひ!」という感じで(笑)

原書目当ての方は、店内に入って2階へ直行してください!

この棚があなたを迎えてくれます。
IMG_8881

ポップが貼られているあたり、中国の書店と違いますね。

クローズアップして見ていきます。

IMG_8883

IMG_8884

IMG_8885

IMG_8882

「結構揃っているんだ」という感想をいだきました。

右奥にも原書コーナーがあります。

IMG_8886

史铁生がある!

IMG_8887

ONEシリーズもありますね。《我们从未陌生过》は今読んでいる本。

IMG_8888

莫言もありますね。

IMG_8890

余华もあります。《活着》しか読んだことないので、そろそろ他の作品にも手を出そうかな。
右の方にある《炸裂志》。私にとって残念な作品でした。ここに存在しているということは、お勧めなのかなあ、う~ん。。。

IMG_8892

第8回原書会で紹介されていた本を発見!読みたいな!

IMG_8896

こちらは前回原書会にて紹介がありました。読みたいな!

IMG_8897

む、虫の世界?気になります。

IMG_8898

李少聪が柴静について書いたこの本、現地では見かけませんでした。

IMG_8900

《万物生长》は2015年にドラマ化されていたようです。見てみたいなあ。まずは読んでから!

IMG_8901

国内書店でよく見かける王安忆の本。1冊も読んだことがないのですが、こうやって陳列されているのを見ると気になるものです。

IMG_8902

严歌苓の本は《陆犯焉识》がありましたが,毕淑敏・海岩の作品は見かけませんでした。数年前は必ずあったのですが。

東方書店は、現地と時差はありつつも、”今売れている作家”、”ロングヒットを生み出す作家”、”中国語文学では必ず読んでほしい作品”を意識してバランスよく本を陳列している印象を受けました。

現地のあれだけの本を、この2つの棚(実際は翻訳本コーナーもありますが、ここでは中国語の作品に限定しています)に集約して本を選定するのは難しいでしょうね。

では、内山書店はどうなのでしょう?

つづく

最初のコメントをしよう

必須