「赴宴者」読み終わりました

この小説は、おもしろかったです。これまでに読んだ小説より描写に手が込んでいて、情景が自然と浮かんできます。主人公の体験を通じて、中国にある社会問題が一つ一つ浮き彫りにされていくような感じがします。深いので、2度読みしたいです。

専門書よりも1ページの文字が少ないので、ページ数の割には量は多くありません。
全部で283ページ。

<最近の勉強>
9月13日(月) 1時間30分 発音トレーニング
9月14日(火) 4時間 発音トレーニング、低碳之路(精読)p10~11、 赴宴者
9月15日(水) 2時間 低碳之路p12~13、赴宴者
9月16日(木) 30分 赴宴者
9月17日(金) 30分 赴宴者
9月18日(土) 6時間 人民日報 記事2つ、赴宴者p163~283(読了!)
しばらくは「低碳之路」の精読じっくり読みを中心にします。これが一番楽しいです。
発音トレーニングの絶対量が足りないので、こちらもメインで。あと、先生に映画を繰り返し見る必要を教えて頂いたので、これも実践していきます。
最近、夜勉もするようになりました。
以前は夜勉をしない言い訳をしていましたが、甘かったと思います。
先生が、勉強することが快感になると、以前と同じ仕事量でも、勉強時間は自然と増える、とおっしゃっていました。隙間を見つけては勉強する、ということなのですが、その通りでした。今月前半は、先月より残業が多かったのに、勉強量が増えました。
引き続きがんばります☆

最初のコメントをしよう

必須