社内通訳職の選考結果

先日応募した社内通訳職の選考結果がでました。

不採用でした。

しかし、「今後、ポストが空いた時にはまたお声かけします」、
というありがたいメッセージがありましたので、この言葉を100%信じ、
再度ポストが空くだろう2年後を目標に、引き続き頑張る気持ちでいっぱいです(^^)

以上、ご報告でした。

この記事にコメントする

必須

6件のコメントがあります

  1. こんにちは。
    2年以上待った方のお話を参考までに…。
    記事の中段以降です。
    http://d.hatena.ne.jp/absj31/20120229

  2. 本当に残念でした。
    大学受験であれば、自分が努力しさえすれば大学に受かる確率を上げることができます。
    しかし、就職の場合相手がいて、自分の力だけではどうしようもないこともあるので、なかなか大変です。
    自分の能力や努力とは全く別の所で、「ちょっとフィーリングが、、、」とか、「ちょっと社風に合わない、、、」とか言われると、努力のし甲斐も無くなってしまいます。
    Ayumiさんの最終目標は2020年の東京オリンピックですから、それまでじっくり「韬光养晦」しましょう。
    次に期待しています。

  3. Shiraさん
    記事拝見しました。ウェイティングリストというものがあるのですね。私の今回のケースは完全な不採用だと思います。またチャンスがあれば挑戦し、他のチャンスも探して行くくらいの姿勢が良いですね^ ^

  4. ねずみのチュー太郎さん
    お言葉ありがとうございます^ ^ 仕事の採用試験では相性もありますね。ただ、今回は私の実力不足が決定的だったと思いますので、引き続き一層頑張る意欲がわきました。
    オリンピックもすぐ来てしまいそうですので、引き続き頑張ります。またご指導、アドバイスの程、どうぞよろしくお願いします^ ^

  5. 残念でしたね。
    不採用で一層頑張る気力がわくなんて、すごいです。
    でもきっと、いろんなことに躓きながら、めげずに進む
    ことってとても大事なんだと思います。
    Ayumiさんの姿勢が素敵だなと思います。

  6. れんさん
    いつも温かいお言葉ありがとうございます。
    今回の面接で、自分はもっと頑張らないといけないことを痛感しました。がっかりする気持ちよりも、自分の実力不足に気がつくことができ、却って貴重な機会でした。そのため、面接官にはとても感謝しているんです^^