原書マスターへ

権威ある中国語の先生方は、やはり何百冊もの本を読んでいるのでしょうか。
おこがましいですが、当代作品の原書マスターになりたくなりました!いや、なります!

   ………….

「毎月、現地の本屋へ行きたいな」と言ったら、友人が、
「それくらいならできるんじゃない?」。

確かに。もっとお金があれば。

最新のブームをつかみ、それらを読んで、タイムリーな記事を書く、
そんな生活にどっぷりつかったらどんなに楽しいでしょう!
ブームだけでなく、文学作品もどんどん発掘して紹介していく。
通訳と同じくらい、上記のことをやってみたいです。

冬以降に、大分時間ができそうなので、
11月にまた原書会を開催します(^^)
大分先ですが、それ以降は定期的な開催を目指します!

82冊目の「挙報」を読み終え、83冊目は海岩の最新作「長安盗」!
期待感たっぷりで早速読んでいます。

台湾の小説「打喷嚏」はゆっくりと読んでいます。
こちらは通勤や合間など、自宅・休日以外の時間帯に、のんびり読んでいます。
繁体字をまとまった時間で読むと、まだ重荷に感じてしまうので・・・。

   …………..

今年になってから読んだ本はどれも良いですが、
やはり文学賞を取るだけあるのか、1冊だんとつ印象深い作品があります。
刘震云「一句顶一万句」

ラストが鮮明に印象に残る作品はそう多くなく、
これまで最も印象に残っていたのは、海岩の「便衣警察」でした。
刘震云「一句顶一万句」は、ラストの印象がいつまでも消えないだけでなく、内容もとびきり良いです。おそらく、「自分に正直に生きなさい」というメッセージをこめた作品を私が特に好む傾向があるからかもしれませんが、あれほど大好きな毕淑敏も海岩も、この作品の前ではかすんでしまうから不思議です。

作品への印象は、時間を経るにつれて変わっていくものなので、
以後、私の印象も変化していくかもしれませんが、今年になって読んだ本では一押しです。

この記事にコメントする

必須

2件のコメントがあります

  1. 私も負けずにマスター目指します!(笑)
    確かに、たくさん読んでいてもストーリーが後々まで頭にしっかり残る作品って実はそんなに多くないですよね。
    今年は年末にでも「今年一番心に残った」「泣けた」「ハラハラした」みたいな感じでオススメをまとめてみると面白いかな、と思っています♪
    さあ、そろそろ十課、本気でかからないといけませんね~。週末よろしくお願いします。

  2. 是非マスター目指しましょう!
    やはりそうですよね。読後直後はこれはすごく良かったと思う本も、時間が経って見ないと、果たして心に残るかわからないものですよね。
    私も原書の総評価をやりたいです。時間が経ってからの振り返り、感じることがあると思います。読後のまとめを書いた時と違う感想になっていたりするかもしれませんしね。
    さてさて、10課!ほとんど手についておりません。週末になってからのスパートになりますが、よろしくお願いします!