严歌苓の本はこう読む

韓寒の「1988」を読み終え、現在は严歌苓の「第九个寡妇」を読んでいます。手に取るまで何度も迷った本でした。この作者の作品は、毎回読むたびにストーリーに入り込めて、後にも残るので好きな作家なのですが、私にとっては文章の難易度が高いため、毎回手に取る度に「わかるかな?」と不安になります。
その不安が見事に的中し、この作品は今まで読んだ彼女の作品で最も読解に苦労しています。冒頭15ページほどで読むのをやめようかとも思いましたが、なんとか諦めず後半まで読み進めました。
严歌苓の文体は、あまり実用的でないものが多いですが、この本はとりわけその傾向が強いです。40年代後半から階級闘争の時代を背景にしているため、登場する単語には当時のものがあります。動詞も方言が多いように思えます。
严歌苓の作品は、勉強のために読むというより、中国の歴史や社会を理解するつもりで読むのが一番ですね。階級闘争の時代のことなど、当時の社会のタブー、思想体系がおぼろげながら理解できてきました。
この時代を背景にした作品は多々ありますが、今回この作品に惹かれたのは主人公の女性の時代に流されない不動たる個性と、時代をうまく生き抜いて行く生命力でした。周囲に動じず自分の尺度で生きつつも、不要に反抗することなく、自分を貫く風格を彼女特有の個性にしており、彼女自身はその時代の流れをまるで違う時代に生きる人のように客観的にとらえています。そのため善悪の判断もその時代の人々と違います。当時であれば死刑に相当する行為を、彼女は当然のように成し遂げています。
严歌苓の描く世界には毎回舌を巻きますが、今回も例外ではありませんでした。さらに不思議なのが、これだけ難しくても読者をひきつけて離さないところ。こうして私は今後も彼女の世界に魅力されていくのでしょう。
さてさて、もうすぐラスト。どんな展開になるのか楽しみです。

この記事にコメントする

必須

2件のコメントがあります

  1. 「1988」の読了お疲れ様でした。また、严歌苓の《第九个寡妇》をご紹介いただきありがとうございました。
    私自身、严歌苓の小説は三、四冊しか読んだことがありません。映画では、以前《天浴》(監督:ジョアン・チェン)と《少女小漁》(監督:シルビア・チャン)を見ました。
    严歌苓の小説はストーリー性があって自然と引き込まれ、読んでいて楽しく、スパイ物や公安物より好きですが、テレビドラマ的すぎるように感じます。
    ただ彼女の小説は、ダブったストーリーやテーマが無く、どの本も全く違った気持ちで読めるので、この点はさすがです。これを機に、改めて严歌苓の作品を読んでいきたいと思います。

  2. Ayumi

    ねずみのチュー太郎さん
    読了しました! 後半に進むにつれどんどん読み進めることができました。
    严歌苓の作品は確かにダブったストーリーが無いですね!登場する人物の性格もさまざまで、
    海岩の作品で感じたパターン化を今のところ感じないです。
    彼女の作品は読み終わる度に新しい作品も読みたくなるのですが、
    私にとってはやはり難易度が高く、連続して読むには苦しい作家のようです(^-^;)
    私はこれまで6冊読みました。年末に読んでいた「陆犯焉识」が一番ですね。
    「第九个寡妇」ももちろんすばらしいのですが、「陆犯焉识」にはうなりました。
    これまで読んだものの中で、唯一テイストが他と明らかに異なるのは「赴宴者」でした。
    これは彼女の作品で初めて読んだもので、これで彼女に魅了されましたね。現在の社会問題を反映しています。
    今後も引き続き原書の情報交換をよろしくお願いします!